FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007
07.26

ささやかな贈り物

Category: バラを育てる
季節はずれに咲いた花

今朝庭に出たら、ピエール・ドゥ・ロンサールが一輪だけ咲いていました。
小さく一輪。
狂い咲きでしょうか?
ミニバラのアンドロメダくらいの大きさの花でした。
本来なら、温暖なこの地域では返り咲きしてくれたらラッキーな品種のはず。
うどん粉病&黒星病と闘い、ほとほと疲れ気味だった梅雨時に、
ささやかな贈り物みたいで嬉しかったです。

スポンサーサイト
Comment:0
2007
07.26

つるバラがやられた(涙)

Category: バラを育てる
庭のバラたちを次々と侵食していた黒星病ですが、ついにつるバラのカクテルがやられてしまいました…orz
枝の混んでいる辺りから発病し、病気に罹った葉っぱを摘んでも、樹全体を風通し良く剪定しても、木酢液などを散布してもなかなか勢いが止まりません。
いや…火曜に木酢液を撒いてから少し沈静化したのかな?
カクテルなんて、昨年はチュウレンジバチにさえ気を付けていれば大丈夫だったので、少し驚いています。
ひょっとして、黒星病の枝葉を切ったハサミでうっかり構っちゃったかな?とか。
(病気の枝葉を切ったハサミは熱湯消毒する様にしているんですが、うっかりしたかもしれません…)
病気を早く沈静化させる為に、短期集中で濃い目の木酢液を散布したいのですが…
なにしろ、樹の大きなつるバラだけに、処置が大変です。
明日の天気はいかに?(汗)
Comment:0
2007
07.23

うどん粉病に重曹スプレー

Category: バラを育てる
少し前に、うどん粉病が広がりつつあった玄関先のバレリーナに重曹スプレーを散布してみました。(その時の記事は⇒こちら
前回、庭のバラにうどん粉病が発生した時にも効果覿面だった重曹スプレー。
今回も一発KOしてくれました♪
人や動物に優しいもので病気を防げるなんて嬉しいですね(^-^)
 
参考にしたレシピを載せていらっしゃる方にOK頂けましたので、
スプレーの作り方をご紹介したいと思います。
★シンプル&減農薬のバラ作り日記★ さんの
「作り方の一覧リスト」 を参考にさせて頂きました。
うどん粉病以外の病害虫対策方法も載っています。
宜しければ上記のリンク先もご覧下さい。お勧めです!
 
---------------------------------------------
 
★材料★
重曹 …小さじ2
椿油 …大さじ1/2
水 …2リットル
 
★作り方★
ペットボトル等に、重曹、椿油、水を入れてシェイクすれば完成です。
私は株数が少ないので、500mlの分量で作って使用しています。
⇒重曹小さじ1/2、椿油2cc(小さじ1/2弱)、水500ml
椿油には殺菌作用があるそうです。
椿油がない場合は、オリーブオイルでも良いとの事です。
 
★使用方法★
感染した葉と周りの葉の表面と裏側に、ハンドスプレーで散布します。
(よく振り混ぜてから散布して下さい)
より効果を高める為には、一度軽く重曹スプレーをして、ティッシュペーパー等で白いうどん粉を拭き取り、そしてまた少し重曹スプレーをして下さい。
手間のかかる作業ですが、こうする事で効き目がグンと違ってきますよ(^-^)b
 
---------------------------------------------
 

Comment:2
2007
07.22

カクテルだけ夏剪定

Category: バラを育てる
今日は、久々に良い天気になったので、少しだけですが庭弄りが出来ました。
少し前から少しづつ黒星病らしい葉が見え隠れしていたカクテルを、思い切ってバッサリ夏剪定してみました。
古いシュートを一枝、根元からバッサリ。
そして、混み合っている枝葉を整理。
(節から3枝出ている所を2枝にしてみたり、細い枝や下を向いている枝をカットしてみたり)
果たしてこれが吉と出るか凶と出るかは分かりませんが…
兎にも角にも、これ以上黒星病が進行しない事を願うばかりです。
Comment:0
2007
07.20

バラにはバラの害虫

Category: バラを育てる
バラを中心としたガーデニングをやってみて思ったのですが、よくもまぁ、バラにはバラの害虫というか、今まで見聞きした事の無かった害虫が寄って来るものだなと思います。
私がこの場所でバラ栽培をしていて、一番困っている害虫はやはり新芽の先の柔らかい所をバリバリ食べまくってくれる『チュウレンジバチ』に『アシブトクチバ』。
チュウレンジバチはまだ、群れてて見付けやすいから良いんですけど、アシブトクチバはほんと、どこにいるのやらちょっとやそっとじゃ分かりません(^_^;)
ヨトウムシやコガネムシも困りますよね。
(アシブトクチバは、暖かい地方に多い蛾。被害に遭っているのはその幼虫です。写真に撮る事が出来ませんでしたので(虫苦手)、どんなヤツか興味のある方は検索してみて下さいm(__)m)
 
先月沢山発生した時に撃退したかと思ったアシブトクチバですが、また最近発生してきたので、今日は夕方にオルトランを散布しました。
でもやっぱり、この時期は難しいですね。
またしてもすぐに雨が降り出してしまいました。
昨日の場合は朝より夕方、今日の場合は夕方より朝に撒けば良かった。
ほんと、最近タイミング外されっぱなしですorz
 
そして、もうひとつ困っているのが、玄関先の雨の当たらない場所に置いてあるバラに大量発生している小さな白い虫。
あれは何だろう?
スリップスかな?…と思ったのですが、白いので違うかもしれません。
羽があって飛んで逃げるし。
ニーム、木酢液、オルトラン…この虫にはどれも効果が薄くて困っています。
ん~。もうちょっと調べてみよう。
Comment:0
2007
07.19

フロランタン

フロランタン

今日は、夕食後にフロランタンというお菓子を作りました。
こんがりと焼けたキャラメル風味の、サックリしたお菓子です。
『フィレンツェの菓子』という意味のフランス菓子なんだそうですよ(^-^)
見た目難しそうに見えるんですが、思いのほか簡単でした。
 
さて、気になる出来栄えですが…。
初めてにしては…うまく出来たかな?
息子にはちょっと不評でしたが(キャラメル部分がネバネバして食べにくかったのかな?)、 旦那にはとても好評で、「また作って!」とリクエストまで貰ってしまいました。
こうも喜んでもらえると嬉しいな~♪
次回は子供向けの食べやすいお菓子にしようかな…と思い中ではありますが…。
Comment:0
2007
07.19

タイミングが難しい…

Category: バラを育てる
依然、憂鬱な梅雨空が続いていますね…。
こうも断続的に雨が降られては、庭に薬も撒けません(T_T)
 
実は今朝も天気予報を信じて早起きをしたんですが、庭には雨が降った形跡が…。
それでも今日は晴れる予報なんだから…と、なかば強引にニームオイルを散布したんですが…今、外ではしとしとと雨が降っております。
ガックリ。意味ないやんか~ッ!orz
 
今思えば、昨日の朝撒けば良かったんだよな~…。
昨日の朝も庭が濡れていたので断念したんですが、今日よりはマシでした。
その後ガンガンに晴れたし。
 
せめて昨日の夕方。
あぁでも、水木は旦那が帰宅後スポーツに行くので物理的に無理なんですよね~…。
甘えん坊の2歳児を一人で1時間放置する訳にいかないし(滝汗)
 
むむむ。
邪魔が入らず、前後半日くらい雨が降っておらず、風が強くない朝か晩…。
簡単そうに見えて、この季節じゃ案外難しいものなんですね(T_T)
 
今日はとりあえず、ぐんぐん伸びてるピエールとロイヤル・サンセットを柵に結束出来ただけでも良しとしよう。
ピエールといえば、何故か今頃一輪だけ蕾がふくらんできているんですが…
狂い咲きでしょうか?
ちょっとした贈り物みたいで楽しみです。
 
 
私信>ふぼのんさん
うどん粉病への重曹水についてですが、転載可否を確認中です。
今しばらくお待ち頂ければ幸いですm(__)m
Comment:2
2007
07.18

判明

Category: ガーデニング
少し前からモミジやナスの葉にくっついていたグロテスクな幼虫の正体、憶測ですが、判明しました。
にっくきそいつの名は…
 
テントウムシの幼虫。多分それです。
 
今日、買い物に立ち寄ったホームセンターで、薬剤の棚に展示してある病害虫一覧の写真で確認し、ネットでも検索してみた所、そんな感じに見えました。
成虫はアブラムシやら何やらを食べてくれるので歓迎出来るのですが、幼虫って…葉っぱも食べるんでしょうか?
それとも、葉っぱを食害する別の害虫がいて、それを食べにやってきているんでしょうか。
どちらにせよ…グロテスクな幼虫は嫌いです~(T_T)
Comment:0
2007
07.15

台風一過

Category: ガーデニング
今日は台風一過の晴天…とまでは行きませんでしたが、青空の覗く暑い一日でした。
長く続いた梅雨も一休み。でも、それも明日までみたいですけどね(^_^;)
 
梅雨の長雨でここ暫く庭がまるで手付かずだったんですが…
昨夜の台風も相まって…いや~、凄いことになっておりました(汗)
幸い、旦那が「今日一日あげる」と言って子供を連れて遊びに行ってくれたので、梅雨の晴れ間を存分に活かして庭仕事をやりまくりました。
何をやったか挙げてみますと…
 
■下草を一掃
バラや木々の周囲に植えていた下草(金魚草、昼咲き月見草、クレオメ)を一掃しました。
想像以上に下草が大きくなり、うっそうとしていたので、これじゃあ病気や害虫の温床になりかねないと思いまして。
 
■ユーパトリウムを移植
昨秋、あまりの可愛さに3株も購入したユーパトリウム(藤袴)ですが、これって、二年目以降は大株になるんですね(汗)
丈も1m位にまで伸びてしまって、更にビックリ。
上記の下草同様、うっそうとしすぎて病気や害虫の温床になりかねないと思い、1株は刈り、1株は庭の後方へ移植し、1株は鉢に移植しました。
鉢に移植した物は丈が高過ぎて定着する前に倒れて枯れてしまいそうだったので、半分くらいの丈に切り詰めてみましたがどうでしょう。
暫く様子を見ようと思います。
(でも、そもそもこんな時期に移植する事自体アホですよね(汗))
 
■ニューフェイス
カクテルの下に置いている鉢の花を植え替えました。
ミニプランター…ランタナ(フェアリーピンク)
キュービック型の鉢…フェアリーベル(ライトブルー)
斜めに使っている鉢…超矮性キキョウ&アポイギキョウ
 
■バラを剪定
長雨に喜ぶのは植物だけ…かも(汗)
梅雨で構えない間に四方八方に伸びまくってくれたカクテルを中心に、隣地にはみ出し気味な枝や、おかしな伸び方をしている枝を軽く剪定しました。
その他のバラは、花がらを摘んだり、伸びた枝をフェンスに括り付けたり…等の手入れをしました。
 
■野菜を植え替え
なんとここ2~3日の間にナスの葉がほとんど虫に食われてしまいました…orz
あれは何ていう虫なんでしょう?
少し前に、モミジについていた虫によく似ています。
1センチあるかないかの、足の沢山生えた幼虫みたいな虫なんですけど…。
おえ(汗)
樹全体が弱ってしまい、もうだめだと思ったので、他の植物に被害が及ばない為にも、今年はナスを諦める事にしました。
空いたスペースに、今までプランターで様子を見ていたオクラを植え替えました。
 
■その他
草取りをしたり、庭全体を掃除したり、色々…
 
おかげで、庭が『劇的改造ビフォーアフター』…ってのは言い過ぎですが(汗)
かなり綺麗になりました(*'ー'*)
ついでに薬(次はニームオイルの番だな)を撒きたかったんですが、台風の吹き返しで物凄く風が強かったので諦めました。
明日出来れば良いのだけど…。
Comment:0
2007
07.11

大人味のビスケット

ハーブビスケット

今日は、雨でお出掛けも出来ないし、何とか息子を喜ばせてあげられる事が出来ないかと思い、夕方になってしまいましたが、ビスケットを焼いてみました。
ライ麦粉にドライハーブ(バジル、タイム、オレガノ)と粉チーズを混ぜ込んで作った、砂糖を使わない大人味のビスケット。
食べてくれるかな?2歳児の舌に合うかな?…と心配でしたが、「これ硬いよ~」とか文句垂れつつもモリモリ食べてくれました。
さすがわが息子。将来酒豪確定だ!(笑)
夜、旦那が帰ってからコレをつまみに酒盛りしたんですが、旦那もモリモリ食べてくれて、さぁ私も食べようと思ったらお皿は空っぽでした(笑)
まぁ、旦那と息子が喜んでくれたのなら良し!
それが一番嬉しいです♪
Comment:0
2007
07.10

梅雨とカビ

Category: バラを育てる
7月ですね。
梅雨真っ盛りですね。
週間天気予報は傘マーク一色ですね~…。
 
7月に入り、梅雨はますます蒸し暑くなってきました。
エアコンなんて、除湿で数分回しただけで「うひ~暑い(汗)」から「さ…寒い…」に変わるくらい、とにかく湿度が高い(汗)
早く梅雨が上がって、カラッとした夏の太陽を連れてきてくれと思う。
あぁ、でもここはナントカ現象(フェーンとかヒートアイランドとか)で夏も蒸し暑いか(-_-;)
今年はラニーニャ? どちらにせよカラリとした夏…は期待薄ですね…。
 
こんなじめじめした梅雨の中、あれよあれよという間に、庭のバラが2株黒星病にやられ、玄関先のバラがバレリーナを中心にうどん粉病にやられてしまった。
庭のバラは、黒星と思われる葉を全て摘むもきりがない。
雨がやまないし、仮にやんでも間が開かないので薬剤も撒けない。
今度半日以上雨がやむ機会があったら、ニームオイルを散布してみよう。
うどん粉にやられたバレリーナの方は、状況が酷い枝は風通しを良くする為にもカットし、株全体に重曹スプレーをし、白い粉をティッシュで拭き取ってみたがどうだろう。
前回は効果抜群だった重曹水。
今度も効いてくれると良いのだけど…。
 
う~ん。始めたばかりとは云え、なかなか難しいな。
出来るだけ減農薬で、おそらく日本で一番高温多湿であろうこの地の気候と上手に付き合っていく方法を模索中です。
Comment:2
2007
07.08

ようやく咲いた♪

Category: バラを育てる
コーヒー・オベーション

実は我が家には、今年の春うまく咲かせてあげられなかったバラが一株あります。
それは、ミニバラのコーヒー・オベーション。
あちこちへ何回も植え替えたせいで新芽が折れてしまったり、折角の新芽もブラインドばかりで花芽がつかなかったり…。
今までは玄関先の寄せ植えの一員でしたが、陽が当たらず可哀想だったので、単独で植える事にしてみました。
一時はもうだめか?大丈夫か?…と心配しましたが、他の株に遅れる事約2ヶ月、ようやくこの株も満開になってくれました♪
今では元気に新芽を伸ばし、花芽も次々と付けてくれています。
 
このシックな色の花が大好きで…お気に入りのバラなんですよね♪
咲いてくれてありがとう(*'ー'*)
Comment:0
2007
07.06

ニンニク入り木酢液

Category: バラを育てる
ニンニク入り木酢液

今日は、バラの害虫対策として、ニンニクを木酢液に漬け込んでみました。
500mlのビンに皮をむいたニンニク(3個分)を入れ、木酢液をなみなみと注ぎ、3~6ヶ月漬け込みます。
分量がよく分からなかったので、自己判断です。
(一応あちこち調べてみたのですが、まちまちだったもので…)
これで良いかどうか…使ってみなけりゃ分からない♪
ある意味ギャンブルですね…(汗)
Comment:0
2007
07.01

蛙の子は蛙

Category: 徒然日記
今日は、また少々用事があったので、先月から連続ですが故郷の父に会ってきました。
(用事の事は、趣味とは無関係ですので記載致しませんm(__)m)
 
先日、お土産に持っていってあげようと思って買い揃えておいた木酢液とニームオイルを持って行ってあげたのですが、木酢液を見た瞬間、「おぉ、これなら俺も使っとるぞ」との事。
(メーカーは違うみたいですが)
詳しく聞いてみると、農薬バリバリだと思っていた父はなんと減農薬での農業を営んでいたのでした。
農協からハウスに貼る様に言われているんだというマークまで見せてくれました。
農薬は、よっぽど虫が増えてどうしようもない時に、年一度くらいしか使ってないとの事。
なぁんだ。そうだったのか~。プロを相手に、失礼しました(汗)
だから、父の作ったトマトが送られてきた時分けてあげる人達は皆、美味しいと大喜びで持って行ってくれたんだな、きっと。
 
私は花、父は野菜だけど、減農薬でやろうっていう気持ちは一緒だった。
蛙の子は蛙なんだなぁ~と思った瞬間でした。
 
 
そういえば、前回故郷へ行った時に枝を貰ってきて挿し木しておいたバラの枝が無事根付いた様で、小さな新芽を出しています。
もう軽く50年以上も昔から庭の片隅に植わっていたバラ。
どうやらオールドロースの一種らしいそれは、品種も分からないけど、家の庭でも咲いてくれると嬉しいな(*'ー'*)
 
父から貰ったバラ

 
Comment:2
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。